ノコギリヤシ サプリメント

MENU

ノコギリヤシサプリメントの飲み方は?|副作用はあるの?

ノコギリヤシ 画像

ノコギリヤシのサプリは多くの場合飲み方の指定は特になく、

好きな時間に飲んで問題ないとあります。

 

しかし、より効率良い飲み方があればその方が良いですよね?

 

ここではノコギリヤシサプリメントの効率良い飲み方、
飲む時の注意点などを挙げていきます。

 

さらに気になる副作用。
ノコギリヤシに副作用があるのかも説明しますね。

 

 

ノコギリヤシの飲み方

 

朝晩2回、食後に飲む

 

ノコギリヤシの効果的な飲み方としては、
まずは朝晩2回、食後に飲むことが挙げられています。

 

食後30分くらいは消化酵素が活発になる為、
ノコギリヤシの有効成分も吸収されやすくなるからです。

 

さらに、ノコギリヤシの有効成分は脂溶性です。
脂に溶けやすいので、食事は油分のあるものが良いでしょう。

 

そうすることで吸収効率が良くなるとされます。

 

 

実際にヨーロッパで行われた臨床試験での飲み方も、
朝晩2回に分けてノコギリヤシを摂るというものでした。

 

この臨床データでは良い結果が出ています。

 

 

継続して飲み続ける

 

臨床データにおいて、1ヶ月程度で効果が出て人もいますが、
多くの人が3ヶ月程度で効果が出ています。

 

中には1年後に効果を実感して人もいるようです。

 

その為、じっくりと継続して飲むことも重要です。

 

 

ノコギリヤシを飲む際の注意点

 

1日の摂取量を守る

 

ノコギリヤシの摂取量の理想は1日320r前後だそうです。

 

より早く効果を実感したいと量を増やして飲みがちですが、
過剰摂取はホルモンバランスを崩すとされます。

 

それにより目まいや頭痛、下痢、便秘などを起こすことがあり、
過剰摂取にならないように気を付けましょう。

 

 

 

ノコギリヤシの副作用は?

 

飲み方の注意点で書いたように、ノコギリヤシの過剰摂取は
体調不良を引き起こすことがあります。

 

しかし、ノコギリヤシは本来副作用の無い安全なものです。
自然由来の成分で身体に優しいものです。

 

正しい範囲で服用していれば副作用の心配はないでしょう。

 

 

男性の過剰摂取による副作用?

 

過剰摂取による男性への副作用があると言われています。

 

それは男性ホルモン減少による筋力の低下や、性欲の減少。
体毛が薄くなるといったものです。

 

 

女性の過剰摂取による副作用?

 

ノコギリヤシを摂取した女性の中には、
髭が生えてきた体毛が濃くなったという人が
少数ながらいるようです。

 

過剰摂取は男性ホルモンの働きを必要以上に活性化させ、
こうしたリスクを高めるといえます。

 

こうしたことを予防するのには例えばイソフラボンなど、
女性ホルモンの働きを良くするものを
一緒に摂るようにするのも良いでしょう。

 

 

服用に注意が必要な人

 

基本的に安全なノコギリヤシサプリメントですが、
次のような人は摂取する前に確認が必要です。

 

 

妊娠中、授乳中の女性

 

ノコギリヤシはホルモンバランスに働きかける成分です。
服用することで子供に良くない影響もある可能性があります。

 

その為、服用は避けた方が良いでしょう。

 

 

小さな子供

 

基本的に大人向けに作られているサプリなので、
子供の服用でどのような影響があるのかを
調べていない商品が多いです。

 

成長期である子供にはホルモンバランスに影響する
ノコギリヤシを与えない方が無難だと言えます。

 

 

・薬を飲んでいる方、治療中の方について

 

基本的に薬との飲み合わせに問題はないようですが、
一部注意が必要です。

 

 

【育毛用の薬】

 

育毛用のサプリや薬は、併用することで
稀に男性の下半身の機能へのトラブルがあるようです。

 

注意したいのはフェステリドという成分で、
プロペシアやプロスカーといった薬に含まれています。

 

 

【ホルモンに関する治療している】

 

ホルモンバランスを整える薬を服用している場合、
ノコギリヤシのサプリがその効果に影響する可能性があります。

 

 

【アレルギーの治療中】

 

アレルギー体質の人はノコギリヤシが合わないことがあります。
アレルギーの治療薬を飲んでいる人は、
飲む前に医師に相談すると良いでしょう。

 

 

【血液をサラサラにする薬】

 

抗血液凝固薬や抗血小板薬といった血液の流れを良くする薬は、
ノコギリヤシとの併用で出血量が増える可能性があります。

 

服用は望ましくないと言えます。